海外赴任は実を言うと大チャンス?!

中国への出向/赴任 を通達されて、多くの日本人は悲しんでしまうようですが、なぜでしょうか?
住み慣れない海外、それも反日感情の強い中国への赴任なのでマイナスな感情を持ってしまうのでしょうか?

日本では海外への転勤や出向(赴任)を言い渡されると一部の人は辞職届を提出する人もいるそうです。
しかし、お隣の国・韓国では海外赴任が決まることは一般的に喜ばしいことのようです。

その違いは何か???


韓国では、一流企業に就職したとしても平均して7年くらいしか在職しないそうです。
自ら辞職する場合もあれば、解雇される場合もあればいろいろのようです。

なぜ韓国で、海外勤務がよいことと思われているか?
最大の理由は、キャリアアップだそうです。

海外勤務経験があると、その経験が買われ転職しやすくなること。
さらにはそのままその国で起業してしまう人もいるようです。

企業が雇用を保証してくれない国では、自分の実力をつけることが必須なのですが、海外勤務/海外赴任は、理想的な境遇と言えます。

日本には終身雇用制度があるので、一生同じ会社で勤め上げることがよいこととされておりましたが、徐々にそうでなくなっているということは皆感じていることだと思います。

これからは、企業に依存するのではなく自分の実力を頼りにしなければいけない時代です。

海外赴任は、その会社の日本人の代表、または一代表として行くので会社の規模にもよりますがいきなり総責任者になったり、ある部門の部門長になるなど日本での役職よりずっと上の役職になるのが普通です。

本社では平社員でも海外では、部長クラスになるということは決して不思議なことではありません。
日本では決して味わうことのできないすばらしい経験や日本では得ることが非常に困難な高ポジションでの仕事。 海外赴任は、キャリアアップのチャンスです。


言い渡された中国への赴任命令
あなたは、どのように受け取りますか?


中国到着後にすべきこと
→ 『中国のネット検閲/規制の対策(VPN)について』
  『職場の人間関係改善には、コーチング基礎10日間マスタープログラムがおススメ!』
  『アドラー心理学で成果を挙げるチームを作り実績を残して帰任しよう!』

posted by ぶるー3(すりー) at 20:40 | Comment(0) | 中国赴任前に必要な予備知識


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: