中国で反日デモが起こる日!

中国の”反日教育”は、心配するほどのものではないというお話を前回しました。

参照記事
→ 『中国の反日教育は、心配無用!! 』


しかし、予備知識として知っておいて欲しい事があります。

それは、反日デモが起こりやすい日というのがあります。

具体的に言うと、中国人の感情を刺激しそうな日ということになります。

中国赴任準備しておくこと

では具体的な説明をしていきましょう。



●4月17日 【日清戦争で下関条約締結】
→1895年4月17日、日清戦争の終結日

日清戦争:1894年から1895年にかけて行われた朝鮮半島(李氏朝鮮)の奪い合いがきっかけで起こった大日本帝国と清国の戦争。

下関条約:日本が清國に戦勝したことにより、調印された条約。  朝鮮が独立国であること、遼東半島、台湾などを日本に割与する。賠償金を払うなどが条約の概要。


●5月4日 【五・四運動の記念日】
→1919年5月4日 ヴェルサイユ条約の結果に不満を抱き北京から全国に広がった反日、反帝国主義を掲げる大衆運動。


●6月5日 【重慶大虐殺(大空襲)】
→日中戦争(1937〜1945年)時、日本軍が重慶(当時の臨時首都)で無差別空襲を行った日。


●7月7日 【廬溝橋事件(七七事件)】
→1937年7月7日、日中戦争のきっかけとなった北京西南にある盧溝橋で起きた日本軍と中国国民革命軍との衝突事件。


●7月25日 【日清戦争の事実上の開戦】
→1894年7月25日、朝鮮半島の豊島沖の日本艦隊と清国艦隊の海戦。 日清戦争事実上の開戦となる。


●8月15日 【抗日戦争勝利の日】
→1945年8月15日、日本で言う終戦記念日であるが、中国にとっての勝利の日


●9月3日 【抗日戦争勝利の日】
→欧米諸国では、降伏文書に調印した9月2日を、対日勝戦記念日(Victory over Japan Day)と呼んでいるが、中国では、調印の翌日である9月3日を勝利の日として解釈している。


●9月11日 【尖閣諸島の国有化の日】
→2012年9月11日にそれまで私有地であった尖閣諸島の3島(魚釣島、北小島、南小島)を日本政府が購入し国有化した出来事。 これに伴い中国で歴史上最大級の反日デモに発展した。


●9月18日 【柳条湖事件(九一八記念日)】
→1931年9月18日、満州事変の発端となった鉄道爆破事件。 満州(中国東北部)の奉天(現在の瀋陽市)近郊の柳条湖付近で日本が保有する南満州鉄道(満鉄)の線路を爆破された事件で関東軍は、これを中国の犯行と発表し満州における軍事展開の口実に利用した。
  

●11月11日 【上海陥落の日】
→1937年11月11日、日中戦争時、上海陥落した日。

 
●12月9日 【一二九運動の日(1935年反日学生デモ)】
→1935年12月9日に北京で行われた内戦の停止や抗日運動の弾圧反対に対する学生運動。


●12月13日 【「南京大虐殺」の日】
→1937年日中戦争中、日本軍が中華民国の首都南京市を占領する際、南京で行われた約6週間から2ヶ月にわたる中国軍兵、捕虜、一般市民などの虐殺。 12月13日は南京陥落の日。


2012年に起こった歴史上最大規模の反日デモは、【日本の尖閣諸島国有化】(9/11)をきっかけに【柳条湖事件】(9/18)のタイミング 2012年9月15日〜19日の間で行われました。


上記の日は中国人の感情を刺激しやすくデモのきっかけになりやすい日なので、神経質になる必要はないと思いますが一般常識として、中国に住むのであれば理解しておいたほうがよいかもしれません。
posted by ぶるー3(すりー) at 22:55 | 中国赴任/中国出張共通の必要な予備知識