中国赴任生活中の子供の学校(日本人学校/日本人補習校)について

中国に数年レベル赴任するのであれば、いろいろと考えなければいけないことがあります。

そのひとつに、単身赴任にするか? 家族も一緒に連れていくか? を悩むと思います。

そこで一番悩むのは、子供の学校だと思います。
しかし、中国には数多くの日本人学校があり赴任中、子供を日本人学校に行かせれば日本に帰国後も、日本の学校の授業についていけます。

ただ、教育のレベルは、ウワサによると日本の学校よりも少し劣るようですが、一応、環境は整っております。




○日本人学校
・広州日本人学校
  http://jsgcn.com/
・上海日本人学校
  http://www.srx2.net.cn/
・大連日本人学校
  http://www.japanda.cn/
・青島日本人学校
  http://www.qingdaojs.org/
・蘇州日本人学校
  http://www.jsscn.org/
・深セン日本人学校
  http://www.jsszcn.com/ 
・杭州日本人学校
  http://www.hzjschool.com/
・天津日本人学校
  http://tensinjs.net/
・在中華人民共和国日本国大使館付属北京日本人学校
  http://www.jsb.org.cn/


さらにせっかく中国と言う外国に行くのであれば、子供に語学を習得させたいと思う親もおり現地の私立学校やインターナショナルスクールに行かせる親もいます。

現地の学校の場合、中国語以外に英語を学ばせることも可能です。
(中国の英語教育は、日本以上に実践的です)

または、年100〜200万円くらいと学費が非常に高いですが、インターナショナルスクールに通わせ外国人の子供たちとともに英語教育を受けさせることも可能です。

しかし、現地の学校やインターナショナルスクールなどに通うと日本での勉強についていけなくなる心配もあるので主に”国語”の授業を行う”日本人補習校”も存在します。

日本人補習校は、基本毎週土曜日の午前中に授業があり子供の負担は増えますが、語学習得+日本の授業にもついていくという一石二鳥な教育を与えることも可能になります。


○日本人補習校
・無錫 (ウシ)日本語補習授業校 (週1制・土)
  http://blog.goo.ne.jp/wuxi-hosyu
・深セン補習授業校 (週1制・日)
  http://ameblo.jp/szhosyuko/
・瀋陽(シンヨウ)日本人補習学校 (週1制・土)
  http://www.synihonjinkai.net/syhosyukou/index.html
・南京(ナンジン)日本語補習授業校 (週1制・土)
  http://www.njjapan-school.com/
・珠海 (ジュハイ)日本人補習授業校 (週1制・土)
 (メール)zhuhai_hosyuko@yahoo.co.jp
・寧波日本人補習授業校
  https://sites.google.com/site/nbjpschool/top


もし家族同伴、特に子供を連れて行く場合は、これら日本人学校や日本人補習校を活用するのも手です。

よって、中国赴任先の都市から上記学校に通わせることが可能か? も考慮に入れ、検討してみるとよいと思います。

(注意点)
最後に注意事項ですが、日本人学校及び日本人補習校は、小学校と中学校のみです。
上海日本人学校以外高校は基本ないので、今回の話の対象外になります!

関連記事
→ 『中国赴任生活中の子供の学費(日本人学校/日本人補習校ほか)について』

posted by ぶるー3(すりー) at 07:52 | 中国赴任前に必要な予備知識