中国のネット検閲/規制とネットスピードについて

中国でインターネットの検閲/規制があることは非常に有名な話ですが、そもそも中国のインターネット事情はどうなのか?

結論を言うと、”最悪”です。

ネットの規制があるのは事実で有名なところだと、2015年現在で規制されている主なサイトは、




・Facebook
・Youtube
・Twitter
・LINE
・ニコニコ動画
・Google+
・Ustream
・radiko.jp
・FC2ブログ

などです。


中国当局の政府や政治家に不都合な批判を扱うサイトやコンテンツに対する検閲が主目的で、具体的にいうと
法輪功、警察官の残虐な行為、天安門事件、言論の自由、民主化、マルクス主義に関連するニュースさらには、わいせつ、ポルノ、反道徳的なウェブサイトも含まれます。

検閲対象は、中国国内 及び 台湾や香港なども含めた海外のウェブサイト、インスタントメッセージングサービス、チャット、テキストメッセージなどの個人チャットやSNS,ブログやサイトも対象にしており3万人以上のインターネットポリスがいるというウワサです。

特に中国語でのコンテンツは、中国のSohu(捜狐)やSina.com(新浪)などのポータルサイト(日本で言うYahooやGoogle)に載った政府批判のコンテンツは、インターネットポリスに即発見され、通常数分以内に削除されるそうです。


これらのネット規制を行っているせいか中国のインターネットのスピードは非常に遅いです。


ただいま、中国のとある喫茶店でネットを使っています。

私の感じからすると、中国的には”比較的快適なほう”(まあまあスピードが速い)という感じがしましたが、とあるサイトでネットスピードを測定した結果

中国のネット検閲/規制とネットスピードについて

751Kbps でした。

そして夜のネット回線が混むストレスを感じるレベル時の結果は、

中国のネット検閲/規制とネットスピードについて

280Kbps でした。

このレベルになると精神衛生上悪いです。

私は日本の実家で同じサイトでネットのスピードを測ってみると1桁単位が違います。
(つまり日本の実家のネットスピードは2〜10倍早いことになります)


このネットスピードは、中国のネットインフラが整っていないので、どうしょうもありません。

しかし、中国のネット規制に対しある程度対策することは可能です。
参考記事
→ 『中国のネット検閲/規制の対策(VPN)について』


中国到着後にすべきこと
→ 『中国のネット検閲/規制の対策(VPN)について』
  『職場の人間関係改善には、コーチング基礎10日間マスタープログラムがおススメ!』
  『アドラー心理学で成果を挙げるチームを作り実績を残して帰任しよう!』

posted by ぶるー3(すりー) at 12:07 | 中国赴任/中国出張共通の必要な予備知識