中国のアパート(借家)選びの注意すべき10ポイント

前回で、中国のアパートを借りる場合は、交渉が大切と言う話をしましたが、今回は中国のアパート(借家)選びの注意すべき10ポイントについてご説明いたします。

関連記事
→ 『中国のアパート(借家)に家具や電化製品はついているのか?』

中国のアパート(借家)選びの注意すべき10ポイント






●中国のアパート(借家)選びの注意すべき10ポイント

1、大家さんの人格や性格を把握する。(直接会うことが一番よい)
→中国で家を借りる場合は、コレが一番重要かもしれません。
 大家さんの人柄で快適にもなれば、不快にもなります。
 契約更新時どの程度家賃を値上げするか?は大家さん次第ですし、家具や電化製品などの備品や配管などの故障や問題時、連絡するのは大家さんです。
 そこでの対応が横柄だったり、適当だとものすごく不快なものですので、これは重要です!


2、アパートの下に飲食店があるかどうか?
→飲食店の上にある住まいは、ゴキブリやねずみのいる確率が高いのでできる限り避けたほうがいいです。
 高層マンションの上のほうならば、まだマシだと思います。
 しかし、これは近所の住人の家が汚いと下に飲食店がなくても同じようになるのでこの見極めは難しいと思います。


3、近くに人が集まりそうな広場があるかどうか?
→人の集まるエリアのそばは最悪です。
 中国の人は日本と違い、夜遅くまで子供を連れて外にいます。 人の集まりそうな広場がそばにあると騒音に悩まされることになると思います。
 

4、何階建ての何階か?(できるだけマンションの上であるほうがいい)
→マンションの下のほうに住んでいると上の階に住む住人がポイ捨てするゴミに悩まされる可能性があります。
 中国人はポイ捨ての悪い習慣があることは有名ですが、日本人の想像する範囲を完全に超していると思います。
 私の以前の経験からすると、火のついたタバコ、うんこ付きパンパース、血のついたナプキンなども降ってきます。
 一番ひどかったのは昔、学生寮に住んでいた時、4階から洗濯機を投げ捨てる人もいたくらいです。
 昔に比べてマナーは良くなってきていますが、まだまだ注意しておいたほうがいいと思います。


5、シャワーなどの水の出具合が問題ないか確認する。
→水圧が足りず水の出が悪い場合があります。(日本人の想像を超えるレベルも時折あるようです。)
 契約前に必ず実際に水を出してみることをおススメします。


6、排水に問題がないか?確認する
→トイレや台所などの排水が問題ないか?確認しておいたほうがいいです。
 日本と違い配水/配水管の設計が悪かったり、配水管自体が細すぎたり、以前住んでいた人が何かを捨てて配水管が詰まっていたりする場合があるので、トイレや台所で水を流してみて、その流した水が引いていく速度を観察する必要があります。

 特に中国の田舎ではトイレに何でも平気で捨てる人が多いです。
 女性のナプキンでトイレを詰まらせるくらいならかわいいほうで、ひどい人だとボディーソープの入れ物までトイレに捨てる人がいるくらいです。


7、天井や壁にヒビやシミがないか?
→上記の排水問題に関連しますが、上の階の排水に問題があり水が漏れたりする場合もあるので、コレも注意が必要です。


8、風通しがよいか? カビなどがないか?
→中国の人は風通しを気にする人が多いですが、設計者の腕がないのでこういう問題があるところもあると思います。
 

9、床が傾いていないか?
→”設計者の腕がない”関連ですが、築年数が少したっていると床が傾いている場合があります。 
 ボールかなんかを置いて転がらないか? 見れるものなら見ておいたほうがいいと思います。


10、ドアや窓がちゃんと閉まるか?
→同じく”設計者の腕がない”関連ですが、スキマ風ぴゅーぴゅー、ドアを閉めるのが困難 といった物件もよくあります。


ざっくり思いつくだけでもこれくらいはあります。

この中で一番重要なのは、1番の大家さんの人柄だと思います。



その他日本でも気をつけるような、日当たり、ネット回線、バス、地下鉄などの交通手段、はお好みでご確認ください。




中国到着後にすべきこと
→ 『中国のネット検閲/規制の対策(VPN)について』
  『職場の人間関係改善には、コーチング基礎10日間マスタープログラムがおススメ!』
  『アドラー心理学で成果を挙げるチームを作り実績を残して帰任しよう!』



posted by ぶるー3(すりー) at 08:20 | 中国赴任後に必要な予備知識